顧客のニーズとフードビジネス

これまで世界の近代化のなかで市場を拡大し続けてきた日本の外食産業は、国内の少子高齢化社会を迎えるにあたって、その戦略における生き残りをかけた方向転換が必要とされているのかもしれません。

現代の日本社会における核家族化は、女性の社会進出、若者たちの未婚率の上昇とともに少子化といった人口減少の傾向をうみだしています。

人生100年時代と呼ばれる高齢者層の人口増加は、核家族を増幅させるとともに外食産業など「食」のマーケットに新たな需要をもたらしつつあります。

核家族を対象したこれまでに類をみない市場が展開されるとともに、これまでのフードビジネスを支えてきたファミリー層の需要が減少している傾向がみられております。

飲食店などを筆頭した「食」のマーケットにおいて国内需要は人口の減少とともに、ピークが下降すると考えられており、日本国内における人口の推移、少子高齢化社会などによる今後の日本社会が背負う社会構造そのものの変化を読み取りながら、新たなビジネスモデルを構築していく必要性がありそうです。

近い将来、日本国内においてのフードビジネスで生き残りを勝ち取るためには、顧客のニーズそのものを具現化していく必要が大いに求められているようです。

散歩でハッケン、素敵なお店。Umitpem>>>サイトトップへ