レタスの化学反応

日本人が一般的にキャベツを食べ始めたのは明治時代の頃からと言われているようです。それ以前の18世紀ころから外国から国内に伝来していたようですが、鑑賞用の植物として育てられていたのがほとんどで、食べるキャベツではなかったようです。それ以前の平安時代に日本に伝わっていた「レタス」は、現在のような丸みをおびた形ではなく、リーフレタスのような形をしていたようです。現在のようなレタスが一般家庭に普及したのは、アメリカから丸いレタスが伝わってからになるようです。戦後に流入した西洋文化とともに、日本人の食生活が西洋式に変化するとともにレタスが皆さんのご家庭の食卓に登場しはじめたようです。皆さんはレタスを調理する際に、どのようにカットされていらっしゃいますか。レタスは包丁などの金属の調理器具ででカットした部分は、酸化しやすく赤みを帯びてしまうので、手でちぎることが良いとされているそうです。料理は化学とも言いますが、まさに化学反応の瞬間でありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です