「甘酒」レシピを考案しよう

まさに飲む点滴などとも言われている「甘酒」は、栄養価が高いことから朝食などとしても、女性たちの多くに健康食品として受け入れられているようです。現代で甘酒は、寒い冬に飲む飲み物というイメージが強いですが、古来から甘酒は夏バテを解消する飲み物として人々に親しまれてきたようです。甘酒に含まれるオリゴ糖は、腸内の善玉菌を増やすことで知られ、栄養素として含まれるビタミン B 群も豊富であることから、体内に取り込まれた糖質・脂質・たんぱく質などの代謝をよくする働きなどがあるようです。最近では、街中で見られるスムージーショップなどでも甘酒は気軽にトッピングなどとしても活用され、現代人の健康を支えるスーパーフードとしての人気も大変高くなっているようです。

食欲がない時にも独特な甘さが心地よい満腹感を与えてくれる飲み物ですよね。現代的な食生活の中には、バランスの良い栄養素が簡素化されたプロテインバーなどもありますが、古来から多くの人々が好んで伝承されてきた甘酒などの存在を見直すことなども良いのではなでしょうか。最近では、甘酒を使ったレシピなども数多くサイトなどにアップされているようで、甘酒をヨーグルトに混ぜたり、お肉に甘酒を塗って寝かせることでお肉をジューシーに柔らかくさせたり、甘酒と野菜ジュースを割って甘みを増したデザートジュースにしたり、各種アルコールなどで割って飲む方々もいらっしゃるそうです。皆さんもオリジナルの甘酒レシピを考案することで、スーパーフード「甘酒」を次世代の人々にも伝承していきませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です